メルプロジェクト・シンポジウム2006: MELL Project Symposium 2006


 メルプロジェクト最後のシンポジウム「メディア表現、学びとリテラシー:メルプロジェクトの播種(はしゅ)」はみなさんのご協力の下、約250名の参加者にご協力いただき、成功裡に終えることができました。ありがとうございました。 当日の記録はコチラ>>

  ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■□■ 2006年3月4日・5日(土・日) ━━━━━━━━━━━━

        メルプロジェクト・シンポジウム2006
    「メディア表現、学びとリテラシー:
              メルプロジェクトの播種(はしゅ)」
   -----------------------------------------------------------
        メルプロジェクトの5年間の活動を総決算!
  海外からのゲストもお招きし、報告・発表・ディスカッションなど、
        今年も2日間ぎっしりの内容で開催します!
   -----------------------------------------------------------

    ■日 時  2006年3月4・5日(土・日) 
    ■場 所  東京大学・本郷キャンパス 
          法文2号館(安田講堂の向かい)
          〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  ■参加申し込み受付中!■

  参加ご希望の方は、下記アドレスまで電子メールをお送りください。
  標題には「シンポジウム2006参加」と、本文には下記の「ご記入項目」を
  コピーしてそれぞれご記入をお願いいたします。


  ★★送り先: sympo06@mell.jp
  ★★メール標題: シンポジウム2006参加
  ★★ご記入項目
   (1)ご氏名:
   (2)ご所属:
   (3)連絡先(メールアドレスなど):
   (4)参加する日:3月4日/5日/両日とも
   (5)パーティの出欠:

  *参加申し込みにあたりご連絡いただいた個人情報は、本シンポジウムの
  運営のために利用いたします。当該目的外での使用や第三者への提供は
  いたしません。

  2000年のはじめに発足したメルプロジェクトは、当初から活動期間を
  5年と定めた時限つきプロジェクトでした。この2005年度が活動最終
  年度となります。
  活動を始めてから、年1回、毎春に開催してきたメルプロジェクト・シ
  ンポジウムはこれまでに5回を数えます。第6回目、そして最後のシン
  ポジウムは2006年3月4・5日(土・日)に開催いたします。

     〜〜 みなさまのご参加を、心からお待ちしています 〜〜


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ■ シンポジウム詳細 ■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  2005年度東京大学大学院情報学環メルプロジェクト・シンポジウム2006
     「メディア表現、学びとリテラシー:
            メルプロジェクトの播種(はしゅ)」

  ■日 時  2006年3月4・5日(土・日) 
  ■場 所  東京大学・本郷キャンパス 
        法文2号館(安田講堂の向かい)
        〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
     http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_02_j.html
  ■資料代  2,000円
        ※一日参加、両日参加とも参加費は同額です。なお、高校生以
         下の方は無料です
        ※パーティ参加費は別途いただきます(2,500円)


■■■■プログラム■■■■

■■3月4日(土)・1日め
  総合司会:河西由美子(玉川大学)

□13:00〜13:30 開会のごあいさつ
 ・川瀬達也、北村順生(新潟大学)

□13:45〜15:45 パネル・ディスカッション
           「コミュニケーション&デザインの時代」
 メルプロジェクトを一つの惑星にたとえるならば、その外側にどのような
 銀河系があるのか、さらにその銀河系がより広い銀河系のどこに位置付い
 ているのか。循環型地域社会、市民参加型活動、専門家と市民のコミュニ
 ケーション、グローバルなNGO・NPO、大学の社会連携活動などの深化や
 発展。それらに深く関わり、異なる領域にいて同じような志を持っている
 方々にご登壇いただき、人やものごとの関係性をダイナミックに可視化す
 る「カンブリアン」システムを用いて、それぞれの関係の網の目をたどり、
 結びつけ、新しい時代のコミュニケーションをいかにデザインしていくか
 について議論を展開します。
 ・登壇者:小林傳司(大阪大学コミュニケーション・デザインセンター)
      高宮由美子(NPO子ども文化コミュニティ)
      本橋春紀(日本民間放送連盟番組部)
      吉見俊哉(東京大学大学院情報学環)
 ・司 会:境真理子(江戸川大学マスコミ学科)
      村田麻里子(京都精華大学人文学部)

□16:00〜17:30 ワークショップ!
           「コミュニケーション&デザイン」の銀河系
 ディスカッションでできあがるのは、新しい市民社会的な活動の銀河系
 のようなネットワーク。このセッションでは、この銀河系をさらに展開
 していくために、会場に来られたすべてのみなさんにリアルタイムで参
 加してもらうワークショップをおこないます。誰と誰が何を共有し、ど
 のような差異をはらみ、今後いかなる協働が可能かといったことについ
 て、ビジュアルな仕組みとバザール的なやりとりのなかで明らかにして
 いきます。
 ・カンブリアンジョッキー:水島久光(東海大学文学部)、林田真心子
 (東京大学大学院学際情報学府)
 ・英語実況:河西由美子
 ・差配:MoDeプロジェクト[安斎利洋&中村理恵子(システム・
     アーティスト)、飯田豊・伊藤昌亮・鳥海希世子・林田真
     心子・古川柳子(東京大学大学院学際情報学府)]
 *カンブリアン・システム
  システム・アーティストの安斎利洋さんと中村理恵子さんが育てつつあ
  るメディア遊びの仕組み。2002年3月に開催した第2回シンポジウム
  でアナログ版を本格的に立ち上げ、その後、オンラインでのやりとりに
  対応したデジタル版を展開、現在はケータイの文化とリテラシーの実践
  的研究に取り組むMoDeプロジェクトの一環としてケータイへの移植を
  おこないつつある。2005年2月の第5回シンポジウムでは、「メルま
  んだら」というワークショップにも活用した。

□18:00〜19:30:パーティ!パーティ!(東京大学内・山上会館1階ラウンジ)
 ・司会:山内千代子(青森放送)
 ・差配:鳥海希世子&武田安恵(東京大学大学院学際情報学府)


 
■■3月5日(日)・2日め
  総合司会:河西由美子(玉川大学)

□10:00〜12:00 メル・リフレクション:5年間の軌跡をたどる
 「カンブリアン」システムと映像素材を活用し、メルプロジェクト過去5
 年の軌跡をたどります。アカデミーショーのように(!)、さまざまなプ
 ロジェクトの関係者が入れ替わり立ち替わり壇上に現れて報告をします。
 ・司 会:上田信行(同志社女子大学)・林直哉(長野県梓川高等学校)
 ・登壇者:山内祐平、水越伸、竹内希衣子・市川克美、内川奈津子、
      中森謹重、黄朝煕、宮尾久枝、今村正大、清水宣隆、春田亮介、
      中村純子、村田麻里子、坂田邦子、ペク・ソンス、酒井俊典、
      藍川利一、井上史子、佐藤翔子、崔銀姫、小川明子、長谷川一、
      呉翠珍/Sophia WU、劉雪雁(予定の登壇順)

昼食・休憩(お昼は各自でおとりください)

□13:00〜15:50 メルプロジェクト東京宣言!
 まずは前日のワークショップの成果をもとにメルプロジェクトの相貌をふ
 り返ります。
 昨今の保守化し単純化する社会・政治情勢、メディア情勢、教育現場のあ
 りようを問題として指摘しつつ、メディア・リテラシーをどのようにとら
 えていけばよいか、どのように取り組んでいけばよいか。東アジアにおけ
 るその指針を指し示すためのセッションです。
 ・登壇者:呉翠珍/Sophia WU(台湾政治大学)
      水越伸(東京大学大学院情報学環)
      佐倉統(東京大学大学院情報学環)
      陳世敏(台湾政治大学)
 ・コーディネーター:山内祐平(東京大学大学院情報学環)
 ・通訳:劉雪雁

□15:50〜16:00 しめくくりのごあいさつ


  ------------------------------------------------------------
  メルプロジェクトでは、みなさまのご参加をお待ちしています。