■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メルプロジェクト・サポーターズ・メールマガジン
『メルの環』2003年1月 臨時号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

サポーターズ・メンバーのみなさまへ

■2003年1月メルプロジェクト公開研究会のお知らせ早くもと言いますか、ようやくと言いますか、ともあれ年が明けました。寒い冬だと言われていますが、みなさまいかがお過ごしでいらっしゃいますか。 さて、メルプロジェクトでは、定例の公開研究会を下記の要領で開催します。慌ただしい時期に恐縮ですが、万事お繰り合わせの上、ぜひお越しください。みなさまのご参加をお待ちしています。

□メルプロジェクト・プロジェクトリーダー
 市川克美(NHK番組制作局)     境真理子(日本科学未来館)
 菅谷明子(経済産業研究所)     林直哉(長野県立梓川高校)
 水越伸(東京大学大学院情報学環)  山内祐平(東京大学大学院情報学環

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2003年1月メルプロジェクト公開研究会

○ 日 時  1月11日(土)午後3時から5時30分まで
○ 場 所  東京大学大学院情報学環暫定建物二階会議室
       <
http://www.iii.u-tokyo.ac.jp>の地図を参照して下さい
○ テーマ 「メディア表現論の構図」
○ 報告者 水越伸(東京大学大学院情報学環)
○ 概 要
 民放連プロジェクトなどから出てきたテーマ「送り手のメディア・リテラシー」。その「送り手のメディア・リテラシー」と重なったかたちでのジャーナリスト教育、そしてメディア・リテラシーに奥行きを持たせるための「メディア遊び」、「メディア実践」といった新たな概念群などが、たがいにゆっくりと化学反応を起こしながら、実践的なメディア論、あるいはメディア表現論といった新しい領域を形作りつつあるように思われます。同時に、教師教育とジャーナリスト教育の比較検討、マスコミュニケーションの送り手研究の再検討などとも結びつく可能性が出てきました。
 今回はメディア論に取り組む水越が、この新しい領域がどのような位置にあり、どのような検討課題があるかについて、デッサンを試み、3月のシンポジウムに向けた準備運動の場を提供する予定です。ご不明な点などあれば、下記までご連絡をお願いいたします。

水越伸(メルプロジェクト・東京大学大学院情報学環)

shin@iii.u-tokyo.ac.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メルプロジェクト・メールマガジン『メルの環』は、東京大学大学院情報学環「メルプロジェクト」メンバーのみなさまにお送りしています。このメールマガジンについてのご意見やお問い合わせは下記までお願いいたします。

 水越伸(メルプロジェクト・東京大学大学院情報学環)

 shin@iii.u-tokyo.ac.jp

『メルの環』編集担当

 松井貴子(水越研究室アシスタント)
 上杉嘉見(名古屋大学大学院) 内川奈津子(早稲田大学) 矢久保飛鳥(立命館大学)

--------------------------------------------------------------------------------------------

         東京大学大学院情報学環「メルプロジェクト」
              <
http://mell.jp/>

--------------------------------------------------------------------------------------------

        Media Expression, Learning and Literacy Project
   on Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo
       Copyright (C) 2002 MELL Project All Rights Reserved.

--------------------------------------------------------------------------------------------