■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メルプロジェクト・メールマガジン
『メルの環』2003年10月号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


各地で大きな地震がありました。釧路の友人に連絡したところ、幸い身の回りで被害はなかったとのこと。釧路は地震が多いため、ふだんからきちんと家具を壁にちょうつがいとかで固定しているのだそうです。東京の友人は、家族に言われて防災リュックを買いに行ってたとか。備えって大事だな、と思いました。地震にかぎらず……個人的に災害の備えはいたって不備ですが、ときどき「備える」ために生きているような気がします。
さて、今月の公開研究会は11日の土曜日です。フィンランドらかのゲストスピーカを招いての報告、刺激的なお話をご期待ください! みなさまのご参加をおまちしています。


□メルプロジェクト・プロジェクトリーダー
 市川克美(NHK番組制作局)    境真理子(日本科学未来館)
 菅谷明子(経済産業研究所)    林直哉 (長野県立梓川高校)
 水越伸(東京大学大学院情報学環) 山内祐平(東京大学大学院情報学環)

ではでは、今月号の目次です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ■ 目次 ■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MELL Project News
■1■[メルプロジェクト] 10月公開研究会のご案内


Other Information
■2■ 今年も青井おくんち祭りの季節! 
        〜〜人吉球磨交流大学2003 ガツン!と住民ディレクター 

■3■ 「地方の時代」映像祭2003
        〜〜ローカル局の優れたドキュメンタリーを一挙上映!

■4■ 東京大学社会情報研究所シンポジウムのお知らせ


■5■ 第6回アジアデザイン国際会議
          〜〜メルプロジェクトメンバーも参加します!

■6■ メディアと教育を正面から見据える
        〜〜第10回日本教育メディア学会大会
           
■7■ 秋の夜長に……
        〜〜メルプロジェクトからの読書案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ■ 本文 ■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1■[メルプロジェクト] 10月公開研究会のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、フィンランド・ヘルシンキ美術デザイン大学メディアラボからカリ・ハンス・コモネンさんをお招き、情報デザインについてお話をいただきます。この貴重な機会、どうぞお運びください。


          10月の公開研究会
  人間中心的な情報社会を求めて:北欧の情報デザイン戦略
-----------------------------------------------------------------------------

□日 時 10月11日(土)午後3:00〜5:30
□場 所 東京大学本郷キャンパス 大学院情報学環暫定建物二階会議室にて
       <
http://www.iii.u-tokyo.ac.jp>の地図を参照して下さい

□報告者 カリ・ハンス・コモネン
    (ヘルシンキ美術デザイン大学メディアラボ・プロジェクトリーダー)

□概 要
グローバル化、デジタル化を技術中心的に語るのではなく人間中心的にとらえようとする独自の動きが、北欧で展開しつつあります。その大きな拠点となっているのがヘルシンキ美術デザイン大学(UIAH)のメディアラボ。ここでかつては「未来の家庭」プロジェクトと呼ばれたARKIプロジェクトを差配しているカリ・ハンス・コモネンさんは、メディア論、メディアリテラシー、コミュニケーション論などの知見と、デザインや工学の知を結びつけ、新たに地域社会をデザインしていこうという実践的研究に取り組んでいらっしゃいます。
 アメリカ流とはひと味もふた味もちがう、フィンランドの文理越境的なプロジェクトの理念と実際を語っていただきます。
(水越伸・東京大学大学院情報学環、メルプロジェクト・プロジェクトリーダー)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 今年も青井おくんち祭りの季節! 
        〜〜人吉球磨交流大学2003 ガツン!と住民ディレクター〜 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「住民ディレクター」活動をつづける岸本晃さんたちが、熊本県人吉市を中心に実施している「人吉球磨交流大学」。第1197回目(!)となるおくんち祭りの開催に合わせ、今秋も活気あふれる企画でおこなわれます。歳月に培われた独自の風土に人びとの息づかいが渦巻く人吉の地へ――ご興味のある方は今すぐお申し込みください!

■■   人吉球磨交流大学 2003 人吉市コース ……参加者募集中!  ■■
■■          ガツン!と住民ディレクター         ■■


 今回は“おくんち祭り”を題材に、地上波、衛星全国放送、CATV、インターネット放送局など、マルチメディアを使える環境にある住民ディレクターの番組プロデュースのノウハウを全て公開します。
 人吉球磨地域の総社である青井神社の例大祭おくんち祭りは、人々の絆を編みなおし、今年で1197回目を数えます。このたびの人吉球磨交流大学はおくんち祭り期間中に開催し、祭りの体験、取材などを通して、平成18年のおくんち1200年祭を機に、地域の魅力を内外に発信し、人吉球磨の一体化を図るためのプランを参加者と共に検討します。

□期 間 2003年10月8日(水)〜10日(金)
□テーマ “「1200年」を発信せよ!”
□参加者 15名(先着順)
□参加費(期間中の宿泊費・食費。現地までの交通費は含みません)
     一般:25,000円   学生:20,000円
□受け入れ組織 人吉交流大学実行委員会
□連絡先 人吉市役所企画部企画課 隅田節子
     TEL 0966-22-2111(EX331)
     FAX 0966-23-2000
     e-mail :
s-sumida@mb.hitoyoshi-city.jp
 参加希望の方には、交通手段(格安航空券など)、交流大学前後の自主研修コースなどのご相談に乗っています。遠慮なくご連絡ください。

□プログラム
     10/8 オリエンテーション、神楽鑑賞、野外交流宴会
     10/9 終日まつり体験(御輿組・獅子組・フリー)
         夜 直会(なおらい)参加
     10/10 花堂監督の講演、座談
         「1200年発信」についてのワークショップ
 ※青井阿蘇神社のおくんち祭りの成り立ちや魅力を、歴史、人、伝統食など、あらゆる面で体験してもらいます!
 ※作品は熊本県民文化祭人吉球磨期間中に開催の「人吉球磨映像祭」に出品可

□ゲスト 映画監督 花堂純次さん
55年鹿児島県生まれ。ドラマの監督として活躍後、01年「羊のうた」で映画監督デビュー。日本でただ一人の全盲の熱血教師・河合純一の愛と勇気を描いた最新作「夢追いかけて」も話題を呼んだ。


□熊本発!人吉球磨交流大学'03 ガツン!と住民ディレクター
http://www.prism-web.jp/koryudai_F/hitoyoshi_03.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 「地方の時代」映像祭2003
         〜〜ローカル局の優れたドキュメンタリーを一挙上映!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


10/4・5  「地方の時代」映像祭2003
----------------------------------------------------------------------Kawagoe-----

22年の足跡をもちながらも、昨年、諸事情になりやむなく中断してしまった「地方の時代」映像祭。しかし、その文化的・社会的役割の意義の大きさから、全国で復活を願う熱い声があがりました。そうして再開催が実現! 「地方の時代」映像コンクールの審査も終わり、川越市、日本放送協会、日本民間放送連盟、東京国際大学の共同主催による「地方の時代」映像祭が開催される運びとなりました。ご関心のある方は奮ってご参加ください。どなたでも参加できます。

 
  ■■                        ■■
  ■■      「地方の時代」映像祭2003       ■■
  ■■                        ■■


□期 日 2003年10月4日(土)、5日(日)
□場 所 東京国際大学第1キャンパス 大講堂他
        〒350-1197 埼玉県川越市的場北1-13-1
       (東武東上線霞ヶ関駅下車徒歩5分、JR川越線的場駅下車徒歩13分)
       (お車でのご来場はご遠慮願います)
□参加費 無料/とくに参加のお申し込みは必要ありませんが、会場の収容人数
     800名を超える場合は先着順とさせていただきます
□お問合せ 「地方の時代」映像祭実行委員会事務局
        〒350-1198 埼玉県川越市的場2509
         東京国際大学第2キャンパス内
         TEL 049-232-3111(代)
         FAX 049-232-7477(代)
         E-MAIL 
eizosai@tiu.ac.jp

□プログラム
 4日  招待作品・グランプリ作品上映、表彰式、シンポジウム、レセプション
 5日  参加作品上映(グランプリ作品含む)
今年のグランプリ受賞作品は「原爆の絵」(NHK広島)。4日の招待作品の上映では、高校生部門が新設された記念として、メルプロジェクト・プロジェクトリーダー林直哉が指導した長野県松本美須々ヶ丘高校放送部制作「テレビは何を伝えたか−松本サリン事件のテレビ報道から−」が上映されます。またシンポジウムでは、長野県知事・田中康夫、写真家・大石芳野、作家・井出孫六の3氏をパネリストに迎え、「地域のこころ、地方のこえ」をテーマに論じます。5日は参加作品をまとめて一挙上映。東京ではローカル局制作のドキュメンタリーをまとめて見る機会が
極めて少ないので、これは貴重な機会と言えるでしょう。

□「地方の時代」映像祭
http://www.tiu.ac.jp/eizosai/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 東京大学社会情報研究所シンポジウムのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10/3・4 東京大学社会情報研究所国際シンポジウム
      「デジタル市民社会と社会情報学」
-----------------------------------------------------------------------------Tokyo----

東京大学社会情報研究所が国際シンポジウムを開催します。すでに報じられているとおり、社会情報研究所は来年4月をもって同大学大学院情報学環と組織統合することが決定しており、このシンポジウムには新しい一歩を踏み出すための記念の意味も込められています。参加ご希望の方は、下記のホームページをご参照のうえ<
shinpo0310@isics.u-tokyo.ac.jp>までお申し込みください。


  ■■      東京大学社会情報研究所国際シンポジウム     ■■
  ■■       「デジタル市民社会と社会情報学」       ■■


□日 時 2003年10月3日(金)・4日(土)
□場 所 東京大学弥生講堂・一条ホール

詳細は下記をご覧ください。
□「デジタル市民社会と社会情報学」
http://www.isics.u-tokyo.ac.jp/kenkyu/kako_symposium/20031003_digtal_sympo.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5■ 第6回アジアデザイン国際会議
             〜〜メルプロジェクトのメンバーも参加します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

10/14〜17 第6回アジアデザイン国際会議
       「知と感性と産業力の融合」
----------------------------------------------------------------------------Tsukuba----

「アジアデザイン国際会議」は、アジアの国々のデザイン研究について相互理解を促進し、各国々の主体性に基づいた新しい研究、および教育制度の生成に寄与するための機会となることを目的としたものです。今回のメインテーマは「知と感性と産業力の融合」。原著論文プレゼンテーション、シンポジウム、ビジネスワークショップ、デザインリサーチショウケースなど、種々のセッション、スピーチ、活動を含んだ多彩な催しがおこなわれます。くわしくは下記ウェブサイトをご覧ください。

プログラムの1つ、「産学リサーチプロポジション・ショウケース」にはメルプロジェクトメンバーも参加。このショウケースは、大学や企業で行われている創造的研究の提案をプレゼンテーションするためのプログラムで、私たちはずっと温めてきた新しい出版のかたち「コミュニティ・パブリッシング」を発表します。コミュニティ・パブリッシングでは、以前お知らせしたとおりすでに3冊の本を
刊行しておりますが、ここではその概念やエッセンスをわかりやすい形で提示します。その中身については……後日のご報告をお待ちください!



  ■■       第6回アジアデザイン国際会議       ■■
  ■■        「知と感性と産業力の融合」       ■■


□日 時  2003年10月14〜17日(火〜金)
□場 所  つくば国際会議場
         茨城県つくば市竹園2-20-3
□会議使用語 英語

□主 催  日本学術会議/日本デザイン学会/日本感性工学会
□共同主催国際母体機関  アジアデザイン学会[日本デザイン学会/韓国デザ
イン学会/中国高等デザイン教育連盟/中国デザイン研究会/英国デザインリサー
チソサエティ]

※「産学リサーチプロポジション・ショウケース」は10/14〜16日、つくば
際会議場の1・2階展示スペースで開催されます。

□第6回アジアデザイン国際会議
http://www.6thadc.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6■ メディアと教育を正面から見据える
             〜〜第10回日本教育メディア学会大会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11/15 第10回日本教育メディア学会大会
----------------------------------------------------------------------------Tikyo----

日本教育メディア学会は、日本視聴覚・放送教育学会を前身として1998年に発足しました。来たる11月15、16日、江戸川大学にて第10回日本教育メディア学会が開催されます。


  ■■                            ■■
  ■■       第10回日本教育メディア学会大会      ■■
  ■■                            ■■


□日 時  2003年11月15日(土)・16日(日)
□場 所  江戸川大学(千葉県流山市)
http://www.edogawa-u.ac.jp/edkoutu-j.shtml

参加申し込み・プログラムについては下記をご覧ください。
□第10回日本教育メディア学会大会
http://www.edogawa-u.ac.jp/topics/gakkai.html
(参加希望の方は、10月31日(金)までに大会事務局宛に申込用紙を郵送し、 参加費を郵便振替によりお振り込み下さい)


今大会の特徴は、教育の現場で実際に役立つような実践的研究に重きをおいていることにあります。また、目覚しいメディア技術の発達に惑わされるのではなく、ここで原点に立ち返って「教育」ということを中心に見据えた討論も行われます。「教育メディアは、技術の進歩で目覚しく発展してきました。しかし、ここ数年の動きを見ますと、教育にメディアをどのように生かすかということより、メディアを教育にどう使うかという逆転の考えがともすれば先行してきたように見えます。この学会が、こうした流れに一石を投じることが出来れば望外の喜びです」と大会委員長・堀江固功(江戸川大学)氏の言葉が示すように、時代をとらえた大きな意義をもつ場となることと思います。ご関心のある方はぜひお運びください。
(井上雅子・江戸川大学)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7■ 秋の夜長に……
           〜〜メルプロジェクトからの読書案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お天気もすぐれない今日このごろ、つめたい秋の長雨は読書で時間を忘れましょう! 図書館、メディアの歴史、実践など、読みごたえのあるメルプロジェクトメンバーの新刊書籍を紹介します。これらはすべて、もっと早くの刊行が予定されていたのですが、それぞれの事情により読書の秋の刊行となりました……みなさまお待たせしました、どうぞ書店へお出かけください!(ただし、3冊目が書店に出るのは10/7ごろです。でもご注文はすでに受け付けておりますので)


■『未来をつくる図書館 ―ニューヨークからの報告』
  菅谷明子
 (岩波新書/700円/9月19日発行/ISBN 4004308372)
-------------------------------------------------------------------------------------
         ・・・え、これが図書館?・・・
 「図書館がなかったら今の自分はなかった」――起業や芸術の支援、医療情報などが充実した世界有数の規模を誇るニューヨーク公共図書館。NPO(非営利民間組織)でありながら、地域密着の運営、独自のイベント活動、ITを駆使 した情報提供などの先進サービスは、どのようにして可能なのか。個人の力を伸ばし、コミュニティを活性化させる活動とその意義を伝え、「市民が主役の情報社会」の方向を探る、示唆に富む報告。IT情報時代にこそあるべき「情報インフラ」の多彩な活動が詰め込まれています。

□本書の刊行にともない、著者の菅谷明子さんを迎えたランチセミナーがひらかれます。菅谷さんの新刊を首を長くして待たれていた方々、どうぞお出かけください!
ランチセミナー
「知的創造空間としての図書館の可能性〜ニューヨークの事例から〜」
  日 時 10月7日(火)12:15〜13:45
  場 所 経済産業研究所セミナー室(経済産業省別館11階1121)
      
http://www.rieti.go.jp/jp/about/map.html
  お問合せ 経済産業研究所 担当:加藤<
kato-yuki@rieti.go.jp>
       TEL 03-3501-8398


■『古いメディア が新しかった時:19世紀末社会と電気テクノロジー』
  キャロリン・マーヴィン著/吉見俊哉・水越伸・伊藤昌亮訳
 (新曜社/509頁/4,500円/2003年8月発行/ISBC 4788508680)
-------------------------------------------------------------------------------------
 19世紀社会にはじめて電気が姿を現した時、人々はこの新しいテクノロジーにどのような夢を抱いたのでしょうか。大陸を瞬く間に貫き人々の空間意識を変えた電信、白熱電球を人々が全身に飾り付けて踊るエレクトリカル・パレード、草創期の電話が提供したまるでラジオのような情報サービス、夜空の黒雲にサーチライトを使って描き出された巨大広告。マーヴィンはテクノロジーの歴史から忘却されてしまった、人々の驚くべき創造力を明らかにしてくれます。しかしそれだけではありません。電気は、技術リテラシーを持つ専門家を発明し、家族や地域といった共同体のあり方を組み替え、白人と黒人、都会と田舎、男性と女性のあいだの差別を新たに生み出しもしました。
 この本は、1980年代に登場したメディア史の代表作です。メディアは、近代化や技術発達によって必然的にもたらされるものではなく、さまざまな社会的要因のダイナミズムのなかで社会的に生成展開してくるものだ、という新しい「構築主義的」観点に裏打ちされています。
 吉見さんと僕は、かつて『メディアとしての電話』(弘文堂、1992年)を書く過程でこの本を見つけ、情報学環院生で翻訳経験十分の伊藤昌亮さんの助けを借りて、10数年経ってようやく刊行にこぎ着けました。高いですが、ものすごくおもしろい本です。ぜひご一読下さい。
 (水越伸・東京大学大学院情報学環、メルプロジェクトメンバー)


■『メディア・プラクティス:媒体を創って世界を変える』
  水越伸・吉見俊哉編
 (せりか書房/288頁/2500円/2003年10月7日刊行/ISBN 4796702512)
-------------------------------------------------------------------------------------
 カルチュラル・スタディーズからのオーディエンス研究を中心とした論文集、 『メディア・スタディーズ』の姉妹編として構想されていた『メディア・プラクティス』がようやく刊行の運びとなりました。グローバル情報化のもとでさまざまな課題が噴出するメディア状況。市民はその状況にどのように取り組んでいけばよいのか。メディア論は市民の営みとどのような関係と持つべきなのか。このようなむずかしい課題に応えるための論文集です。全体は以下の三部構成になっています。
  第一部「ラディカルなメディア遊びの可能性」
  第二部「メディア・リテラシーと社会の回路」
  第三部「オルタナティブなメディア表現と社会実践」
 メディア・リテラシー、メディア表現をめぐる領域の新たな展開と理論を模索しており、メルプロジェクトのメンバーも多数執筆しています。周囲のみなさんにもお勧めいただけるとさいわいです。
 (水越伸・東京大学大学院情報学環、メルプロジェクトメンバー)


(価格はすべて本体価格です)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メルプロジェクト・メールマガジン『メルの環』は、東京大学大学院情報学環「メルプロジェクト」メンバーのみなさまにお送りしています。

このメールマガジンについてのご意見やお問い合わせは下記までお願いいたします。

 水越伸(メルプロジェクト・東京大学大学院情報学環)

 shin@iii.u-tokyo.ac.jp


『メルの環』編集担当
 松井貴子(水越研究室アシスタント)
 上杉嘉見(名古屋大学大学院) 内川奈津子(早稲田大学) 矢久保飛鳥(立命館大学)

--------------------------------------------------------------------------------------------

         東京大学大学院情報学環「メルプロジェクト」
              <
http://mell.jp/>

--------------------------------------------------------------------------------------------

        Media Expression, Learning and Literacy Project
   on Interfaculty Initiative in Information Studies, The University of Tokyo
       Copyright (C) 2002 MELL Project All Rights Reserved.

--------------------------------------------------------------------------------------------