■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メルプロジェクト・メールマガジン
「メルの環」2004年5月号 その2

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


  ===   5月15日(土)午後3〜5時30分    ===
  ===    メルプロジェクト5月公開研究会     ===
  ===「送り手と受け手の対話の場をデザインする:   ===
  ===        第二期民放連プロジェクト構想」 ===
 ご参加の方へ
  === ■ 東京大学本郷キャンパス・赤門前に   ■ ===
  === ■ 当日2時50分までにお集まりください ■ ===
  === ■ 参加お申し込み・参加費は不要です   ■ ===



あっという間に連休が明けてしまいました。すべての休日は終わってみれば
あっけないものですが、いかがお過ごしになられましたか。
さて、今週土曜日・5月15日にメルプロジェクト5月公開研究会をおこな
います。開催場所がいつもと異なることは前号でお知らせいたしましたが、
それにともなって今回にかぎり集合時間・場所を指定させていただきます。
くわしくは本文をご覧ください。ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろ
しくお願いいたします。みなさまのご参加をお待ちしています。(編集担当)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ■ 目次 ■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MELL Project News
■1■[メルプロジェクト] 5/15 5月公開研究会のご案内
     ――集合場所・集合時間にご留意ください――

Other Information
■2■ 今こそ言論・報道の自由の再考を
        〜〜「シンポジウム・イラク報道と有事法制」のお知らせ
■3■ 中国地方発、ギガビット・ネットワークとは?
        〜〜「中国ギガビット・シンポジウム2004」のお知らせ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ■ 本文 ■ 

MELL Project News
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■1■[メルプロジェクト] 5/15 5月公開研究会のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月の公開研究会は下記の要領で15日に開催いたします。今回は、2年前に
おこなわれた全国4地区での実践が実を結び、第二期が始められることになっ
た「民放連メディアリテラシー・プロジェクト」をとりあげます。前向きな
議論の場とするためにも、多くの方々のご参加をお待ちしています。なお、
今回はいつもと開催場所が異なり、旧・社会情報研究所/現・情報学環建物
にておこないます。

当日は土曜日のため、旧・社会情報研究所/現・情報学環建物は施錠されて
おり自由に出入りすることができません。そのため、ご参加される方は下記
の要領でお集りくださいますようお願い申し上げます。

  === ■メルプロジェクト5月公開研究会 ご参加の方へ■ ===
5月15日当日、東京大学本郷キャンパス・赤門前に2時50分までにお集
まりください。

※遅れてご参加される方は、3時30分までに赤門までお越しいただき
03-5841-5929(水越研究室)にお電話くだされば、会場までご案内
いたします。それ以降になってしまう方は、恐れ入りますが事前に編集
担当まで電子メールでご連絡いただければ(メールアドレスは末尾にあ
ります)個別にご対応申し上げます。

ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


       メルプロジェクト5月公開研究会
   「送り手と受け手の対話の場をデザインする:
              第二期民放連プロジェクト構想」
-----------------------------------------------------------------------------

○日 時 5月15日(土)午後3:00〜5:30
○場 所 東京大学本郷キャンパス
     情報学環(旧・社会情報研究所)2階会議室
○概 要
 2001~02年度にローカル民放と子どもたちを結んで実施された「民
放連メディアリテラシー・プロジェクト」。メルプロジェクトが(社)
日本民間放送連盟の研究委託を受けて進めたこのプロジェクトのポイン
トは、表現からアプローチすること、送り手と受けての循環性を生み出
すことにありました。その成果はシンポジウムや報告書で公表され、私
たちが思っていた以上の好評を持って受け入れられました。
 さて、この民放連プロジェクトの第二期がはじまります。メルプロジェ
クトでは第一期の成果をふまえつつ、新たな展開の方向を模索している
ところです。今期のポイントは「送り手と受け手の対話の場をデザイン
する」――5月の公開研究会は、この新プロジェクトの構想を、民放連、
民放関係者からのアドバイスをふまえつつ発表し、みなさんとともに議
論していく場といたします。
(水越伸、境真理子:メルプロジェクト・リーダー)




Other Information
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ 今こそ言論・報道の自由の再考を
        〜〜「シンポジウム・イラク報道と有事法制」のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月21日、市民と言論実行委員会、市民とメディア研究会「あくせす」ほかの
主催により、イラク報道と有事法制を問い直すシンポジウムが名古屋で開催さ
れます。ご関心のある方はどうぞご参加ください。


       市民とメディア研究会「あくせす」5月例会
        シンポジウム・イラク報道と有事法制
         〜問われる言論・報道の自由〜 
--------------------------------------------------------------------------------------
 有事関連法案審議のなかで、イラク報道と有事法制について、自衛隊を同行
 取材した記者、イラク・アフガンの取材をしたフリージャーナリスト、そし
 て内外のメディアを視聴する立場からの意見に参加者からの質問・要望など
 も取り入れて開催。
 □会 期  2004年 5月21日(金) 18:30〜21:00
 □会 場  名古屋・朝日ホール(朝日新聞名古屋本社15F)
       名古屋市中区栄1  最寄り駅・地下鉄伏見駅
 □パネリスト    飯室勝彦氏 (中京大学教授・中日新聞論説委員)
           久保田弘信氏(フォトジャーナリスト・フリー)
           イラク取材経験のある全国紙記者
  コーディネーター 大西 五郎氏 (元愛知大学法学部教授)
 □資料費  500円
 □問合せ  日放労中部支部(NHK労組) 
       電話:052-952-7011



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 中国地方発、ギガビット・ネットワークとは?
         〜〜「中国ギガビット・シンポジウム2004」のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月13日、総務省中国総合通信局と鳥取県ほか中国5県などの共催により
「中国ギガビット・シンポジウム2004」が開催されます。5カ所の会場を
超高速ネットワーク網でつなぎ、テレビ会議システムをつかっておこなわ
れる模様です。



         中国ギガビット・シンポジウム2004
     「インターネット天文台奮闘記〜地域と教育の活性化〜」
--------------------------------------------------------------------------------------
 JGNII(Japan Gigabit Network II・独立行政法人情報通信研究機構が運
 用する全国にアクセスポイントを持つ研究開発用超高速ネットワーク網)
 による超高速伝送を実体験するとともに、シンポジウムでの講演や発表等
 を通じ、ネットワーク利用技術やアプリケーション技術の研究開発等活動
 の活発化を図ることを目的とする。
 □会 期  2004年 5月13日(木) 14:00〜16:30
 □主会場  岡山県会場(岡山テルサ)
  副会場  鳥取県会場(鳥取県立県民文化会館)
       島根県会場(テクノアークしまね)
       広島県会場(広島大学情報メディア教育研究センター)
       山口県会場(山口大学共通教育棟SCS教室)
 □講 師  尾久土正己氏(和歌山大学学生自主創造科学センター教授)
 □参加費  4,000円(交流会参加者のみ) 
 □問合せ  中国総合通信局情報通信振興課
         TEL: 082-222-3325 FAX: 082-502-8152
         電子メール: sinko@cbt.go.jp
 □参加申込先(鳥取会場への参加のみ)
       鳥取県企画部情報政策課ネットワーク基盤担当
         TEL: 0857-26-7094 FAX: 0857-26-8129
         電子メール: jouhou@pref.tottori.jp

□「中国ギガビット・シンポジウム2004」
http://www.cbt.go.jp/hodo/2004jo036-1.html
http://www.pref.tottori.jp/jouhou/gbnw/giga_sympo2004.htm







         (2004年5月号 その2おわり)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「メルの環」はお申し込みをいただいた方々に配信しています
        無断転載をご遠慮いただいていますので、
        転載を希望される場合はご連絡ください
-----------------------------------------------------------------------------------------
 □ご意見、お問い合わせは
   --------> shin@iii.u-tokyo.ac.jp(水越伸・東京大学大学院情報学環)
 □配信希望、登録アドレスの変更、登録解除などは
   --------> t-matsui@kt.rim.or.jp(「メルの環」編集担当)
-----------------------------------------------------------------------------------------
             「メルの環」編集担当
   松井貴子(水越研究室アシスタント) 崔銀姫(北海道東海大学) 
   高宮由美子(NPO子ども文化コミュニティ)  山根かおり(pampam)
-----------------------------------------------------------------------------------------
         東京大学大学院情報学環「メルプロジェクト」
              <http://mell.jp/>
 プロジェクトリーダー
  市川克美(NHK番組制作局)    境真理子(日本科学未来館)
  菅谷明子(ジャーナリスト)    林直哉 (長野県立梓川高校)
  水越伸(東京大学大学院情報学環) 山内祐平(東京大学大学院情報学環)
-----------------------------------------------------------------------------------------
Media Expression, Learning and Literacy Project
on Interfaculty Initiative in Information Studies, The
University of Tokyo
Copyright (C) 2002-4 MELL Project All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━