■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

メルプロジェクト・メールマガジン
「メルの環」2005年12月号 号外! 12月公開研究会のご案内

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


みなさまこんにちは、東京はここ数日で一気に冬らしい気候になりました。
もうこんな季節か、と思いながら冷たい風が吹くなかを段ボール箱抱えて
郵便局へ行き、海外にクリスマスの贈り物を発送したところ、送り代は中
身より高い7,000円でした。ネットがある、メールがある、チャットもで
きればウェブカメラもあるというのに、海の向こうはやっぱり遠い。
さて、すでに前号でお知らせしましたが、12月公開研究会は「新聞」をテー
マにして17日(土)に開催します。あらたにモデレーター/司会として共
同通信の原真さんにご登壇いただくことになりましたので、ここにうれしく
号外をもってお知らせいたします。
メルプロジェクトではみなさまのご参加を心よりお待ちしています。 お誘
いあわせのうえ、どうぞご参加ください!(編集担当)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[メルプロジェクト] 12/17 12月公開研究会のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年最後となる12月の公開研究会では、いよいよと言うべきか、近年「放送」
に主眼を置いて活動してきたメルではあまり取り上げてこなかった「新聞」を
テーマに据えて開催します。教育現場における新聞メディア・リテラシーの実
践の報告を軸に議論を展開する予定です。乞うご期待!
メルプロジェクトではみなさまのご参加を心からお待ちしています。



     メルプロジェクト12月公開研究会
「新聞のメディアリテラシーって!: 実践の広がりと展望」
----------------------------------------------------------------------
○ 日 時 2005年12月17日(土)午後2:00〜5:30
○ 場 所 東京大学本郷キャンパス情報学環アネックス2F会議室
      の地図を参照して下さい
○ 登壇者  報告:渡辺英美子(新潟日報)+北村順生(新潟大学)
          +新潟大学生
          岸尾祐二(聖心女子学院初等科)
  コメンテーター:桂敬一(立正大学)
          本橋春紀(日本民間放送連盟)
  モデレーター :原真(共同通信)
○ 概 要
 メルプロジェクトでは、これまでメディアリテラシーについて多様な観
点からさまざまなメディアを対象に取り組んできました。とりわけ放送に
関しては、日本民間放送連盟などとともに先駆的な実践プロジェクトを重
ねており、過去のシンポジウムや公開研究会などでもその成果を発表して
きています。しかしながら、もうひとつの主要マスメディアである新聞に
ついては、残念ながらメルプロジェクトではこれまであまり取り上げる機
会がありませんでした。
 そこで今回の研究会では、新聞をめぐるメディアリテラシーをテーマに
議論してみたいと思います。まず、今夏に新潟日報と新潟大学との共同企
画として実施した学生たちによる紙面制作プロジェクトについて、新潟日
報の記者である渡辺英美子さんらに報告してもらいます。「戦後60年」と
いう大きなテーマをめぐり、大学生たちが自ら企画、取材、執筆、編集と
いう活動を行う過程で、何を学んでいったのか? そしてその活動は、逆
に新聞にとっては何をもたらすことになったのか? その成果や課題につ
いて分析してみたいと思います。
また、もうおひと方、新聞のメディアリテラシーと深く関わるNIE活動
を小学校の教育現場において長年続けてこられた岸尾祐二さんにも報告を
お願いします。これまでの一連の実践を振り返り、NIE活動が新聞のメ
ディアリテラシーとどのように結びついていくのかをあらためて考えてい
きたいと思います。さらに、高等教育における実践と初等教育における実
践とを比較しながら見ていくことで、新聞のメディアリテラシーの多様な
あり方について広い角度から考えていけたらと思っています。
 コメンテーターには、新聞研究の第一人者のひとりである桂敬一さんと、
メルプロジェクトと民放連との共同プロジェクトの中心メンバーである本
橋春紀さんをお招きします。新聞をめぐるメディアリテラシーの特徴やそ
の可能性、新聞というメディアにとっての意義、あるいは放送のリテラシ
ーとの共通点や違いなど、さまざまな観点からみなさんで議論できればと
思います。(北村順生)



メルプロジェクトの公開研究会は参加申込み・参加費不要、どなたでもご
参加いただけます。みなさまのご参加をお待ちしています。










          (2005年12月号 号外! おわり)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「メルの環」はお申し込みをいただいた方々に配信しています
        無断転載をご遠慮いただいていますので、
        転載を希望される場合はご連絡ください
-----------------------------------------------------------------------------------------
 □ご意見、お問い合わせは
   --------> shin を @iii.u-tokyo.ac.jp  のまえにつけたアドレス
       (コーディネーター:水越伸・東京大学大学院情報学環)
 □配信希望、登録アドレスの変更、登録解除などは
   --------> t-matsui を @kt.rim.or.jp のまえにつけたアドレス
       (「メルの環」編集担当)
-----------------------------------------------------------------------------------------
             「メルの環」編集担当
   松井貴子(水越研究室アシスタント) 土屋祐子(慶應義塾大学)
   崔銀姫(北海道東海大学) 高宮由美子(NPO子ども文化コミュニティ)
   山根かおり(pampam)
-----------------------------------------------------------------------------------------
         東京大学大学院情報学環「メルプロジェクト」
              
-----------------------------------------------------------------------------------------
Media Expression, Learning and Literacy Project
on Interfaculty Initiative in Information Studies, The
University of Tokyo
Copyright (C) 2002-5 MELL Project All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━